ニコチン入りの電子タバコ

更新: 3月 31st, 2015

数年前から、禁煙グッズとして、電子タバコが人気になりました。ニコチン依存の人も多いですが、タバコを吸うことが習慣になってしまっている人も多いです。仕事の休憩中や、仕事終わりなどに吸いたくなってしまいます。習慣になってしまうと、禁煙しようとした時に口が寂しくなってしまいます。そのため、ニコチンパッチなどでは満足できない人もいます。そんな人は電子タバコを使ってみるといいです。本物のタバコを吸っているように、煙がでてくるので満足できます。実際は煙ではなく水蒸気なので、周りの人に迷惑をかけることもありません。しかし、ニコチン依存の人はニコチンがない電子タバコは満足できないです。ニコチン入りのものは日本では販売が禁止されています。そのため、日本では購入することができませんが、海外では販売されているので個人輸入をしている人もいます。

日本ではニコチン入りの電子タバコは販売禁止です

欧州、アメリカを中心にして、電子タバコが大流行しています。電子タバコは、特殊な液体を吸引器内部で急速に気化させて、その煙を吸い込む仕組みです。欧米ではニコチン入りのものと、そうでないものの、2種類が販売されているようです。日本では基本的に、ニコチン入りの電子タバコは販売禁止となっています。日本で製造販売されている電子タバコはリキッド式で、ニコチンやタールをまったく含まないものです。ニコチンがまったく含まれていないのに、タバコと同じ匂いや味付けがされているのは、日本の技術水準の高さを示します。ですが、タバコは体内にニコチンを取り入れて、それで初めて、心の平安や、落ち着きを取り戻せます。ニコチンが含まれていないと、なんとなく味気ないです。海外で販売されているニコチン成分入りの電子タバコ製品を輸入代行するサイトもあります。個人が自分で楽しむだけの目的で輸入する分については、大目に見られているようです。とりあえず、ニコチン入り電子タバコが楽しめます。

ニコチン入りの電子タバコについて

海外で大流行している電子タバコ。リキッドを変えるだけで味を変えることができる上に、本体も充電で繰り返し使えるということもあって、非常に経済的ですし、タバコと違って、煙がでないため、健康に良いという点からも非常に人気になっています。しかし実際に利用する際には注意しなければならない点があります。それはニコチンです。タバコの危険性として、ニコチンの中毒性と発ガンリスクの危険がよく言われていますが、実は電子タバコのリキッドにもニコチン入りのものがあります。また、ニコチン0と表記されていても、実際は微量ですが含まれているものも多く、現在出回っているもので、ニコチンがまったくないリキッドは少ないと言われています。できればニコチンが含まれていないものを利用した方が健康には良いので、利用される際には注意が必要です。

リキッドは様々な種類があるため、お気に入りのフレーバーを探す楽しみもあります。 一般的な電子タバコはバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーとマウスピースから組み立てられます。 リキッドは消耗品ですが、タバコに比べればずっと経済的です。 タバコを吸うことを「Smoking」、電子タバコを吸うことを「Vaping」といいます。 電子タバコは健康に優しく経済的なのでおすすめです。 ただし、購入の際は信頼できるサイトで買うようにしましょう! 当サイトおすすめのショップはここです。 →電子タバコ通販【VAPESTUDIO】

まだコメントはありません。
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)